2013年4月29日月曜日

超会議2とパーティの話

昨年、人生の歯車が狂い始めたキッカケとなったのが、Mと出会ってしまった超会議。
かけ間違えたボタンの位置を再認識しようと今年も出向いてみました。

また、今回ひっそりと超パーティ2でお手伝いをさせて頂きましたので、そのあたりの話もメモ書きしておこうと思います。


MMD勉強会のこと

前回同様、沢山の人で沸き返っている幕張メッセは土曜日。
昼過ぎに到着した後、16:30開始のMMD勉強会まで会場をフラフラと彷徨っておりました。
ライス定食はとても興味がありましたが、出店エリアの人の多さに圧倒されてあきらめました。

そもそも、食事をしてきたのであまりお腹が空いてないしと、酸っぱいブドウを笑うキツネのような気持ち。
戦車を見たり、政党ブースを遠目で見たり、何だかよくわからないものを見たりしていたら疲れました。

MMDerの方々と合流し、勉強会へ参加。
念の為に、会場を見渡したところ左腕に精神銃を仕込んだあごひげの人物はおらず。

第11回MMD杯の告知後、勉強会に。
内容は恐らく他の方がきれいにまとめてくれると思いますが、エフェクト、モデル、モーション、シナリオなどなど、そうそうたる有名Pによるプレゼンテーションが怒涛のように流れました。

もっと発表時間が長かったら良いのにとも思いましたが、あれはあれで「ダレなくて」良かったのかもしれません。

勉強会打ち上げのこと

最初に。
一次会幹事カリグラさん、本当にお疲れ様でした。

場所的には決して狭くない場所に、大量のMMDerがひしめき合い、それはもうメッセの熱気も負けていないくらいあちこちでトークが広げられておりました。

私は基本的に「飲めれば」良い人ですので、のんびりとするつもりでしたが、カリグラさんの青い顔を見て、ちょっとお手伝いをしたりして。(良い人アピールをしておきました)

じっくり腰を据えて話をするという形ではなかったのですが、御相手していただいたみなさま、本当に楽しかったです!

2次会には参加しませんでしたので、どういう惨劇があったのかは不明です。

超パーティ2のこと

今回、モデル改造のお手伝いをさせて頂きました。
ロボアニのアクセ作成の最中、なぜかお声がけ頂き挨拶もそこそこに作業をすることに。

衣装替えや、ボーン調整、細かい微調整などの作業です。
モデラー担当者からモーション担当者へ引き渡した後は、何の作業もなかったので当日までどのような絵になるのか皆目わからない状態だったという。

自宅から生放送にて観ておりましたが、素晴らしい舞台だったと思いました。

曲タイトルが表示された際、下に自分の名前(MMDer:ばね)があってびっくり。
いえ、あんなモーション設定できませんから!

今回、モーショントレースキャプチャーしたものを、最終的にディラッドボードに投影するという流れの中でモーション担当者の苦労は大変だったようです。
上がってきたトレスモーションキャプチャーの手直しが大変だったとのこと。

これはトレスモーションキャプチャーの質が悪いということではなく、トレスモーションキャプチャーの流しこみを想定していないモデルに流した時に発生する不自然な箇所の修正です。

モーションキャプチャを前提とした基本ボーン構造の確立や、修正を低減する手法・ツールの開発などが必要となるのでしょう。

などと難しいことを書いていたら頭が痛くなりました。
とりあえず、素敵なイベントに参加できて、嬉しかったということなのです。

あ、冒頭のGUMIさんは諸々の問題でボツとなったGUMIさんです。
可愛らしいのでこんなところでひっそりと出してみました(〃∇〃)

追記)用語に不備がありましたので、修正しました。iriverさんご指摘ありがとうございます!