2012年7月30日月曜日

ばね式モブ子さん

 また、Twitterで見た単語に反応してしまいました。

その単語とは、無個性モデル。

個性を出そう出そうとしている私にとっては、結構新鮮だったり。

肩周りの修正をかけていた焔音レイさんモデルをベースに作ってみることに。
(今までのモデルより、肩幅が狭くなって少しだけ華奢な感じになっているのです。)

無個性とは、キャラクター性が無いということでしょうか。
まあ、大した考えもなく手を動かし始めた訳ですが、頭にイメージしていたのは最近どっかで見ていた無個性キャラ。アイディアをパクって、「肌黒、カラフルな服」で作ってみました。

きみのためなら死ねるというDSのゲームっぽいです。好きでした、あれ。
色別に作るのも面倒なので、髪と服はモーフで変更できるように。

となると、同じ髪型だけが並ぶのもつまらない(あ、個性がでてきてしまう・・・けどまあいいや)ので、長髪モーフも用意。

久々に動画アップ。



・・・いつもなら、このあたりで話が終わるのですが、TwitterでモデルがAutoLuminousに反応するとのご指摘を頂き、修正をしようと。

でも、だったら服とか髪とか個別に光ったほうが面白いなと思ってチクチクと作業。
でも、そこで気づいたのですが、モーフでLuminousを有効にするように設定した場合、カメラモードにするとLuminousの効果が消えてしまうことに気づきました。

色々と試したのですが、結論が出ないまま本日の作業時間終了><


仕方ないので、今まで作ったかぶりものをかぶせてみました。
あまり、意味はありませんが個性バリバリになりますね。

◆配布先情報
http://bowlroll.net/up/dl6770
→圧縮ファイルの解凍パスワード=sm18475986