2012年7月27日金曜日

10人目の初音ミク

久々にモデリングの話題を。

潜伏中も少しずつモデリングは進めていたのですが、今日は調子が良かったので放置していた温めていた初音ミクさんに服を着せてみることに。




ボディはすべてフルスクラッチで作成。つまり自作モデルからの流用もなしで作り始めています。
というのも、今まで作っていたモデルはプロポーションが良すぎて幼いモデルには向かないなあと思っていたので。

顔の造作は、結構以前から作っていたものではありますが、たゆまぬ微調整を続けているものでもあります。なかなか納得できなくて未出荷なわけです。

ちなみに身長はこんな感じ。大きくなったら右側のモデルになるわけです。


型番はどうしようかなあ。上図はいままで発表したばね式初音ミクモデルです。



(前列左より)type-M、ちび(仮称)、type-S、type-L、type-Lアペンド、type-D、type-Dアペンド(ダペンド)、後列、type-Lx

type-Nはとある事情で欠番なのです。順当にいけばtype-Cとか?うーんうーん。