2012年1月11日水曜日

MMMで動画をつくってみる

先日に引き続き、MikuMikuMoving(MMM)で遊んでいます。



その後気がついた点ですが、


  • アンドゥの仕様が本家MMDと違い、直前の作業状態でなくてキーフレーム登録後の状態まで戻ってしまう。試行錯誤しながらポーズを作る私としては、少々使いづらい。
  • AVI出力が異様に早い。私はノートパソコンで作業していますが、いつもAVI出力が遅くて面倒だったので、これは嬉しいかも。
  • 既知の問題らしいのですが、材料モーフ系がうまく動作していない?
  • 透過PNGの表示が、本家と違う感じ。透過グラデーションをつかった材質は見直しが必要。
  • MMEは完全対応でない様子。使えるエフェクトと使えないものが分かるとよいなあ。


前回より使い込んでみているので、色々と不満点(おそれ多いことですが)がでてきていますが、それでも魅力的な機能があるので、しばらくは本家と併用してみることに。



で、発作的に作った動画。モーションはMMD、AVI出力はMMM(一部MMD)でつくってみました。


一応、私の中では「つじつま」があっているのですが、表現力がついてきていません。

というか、モデル公開作業から逃げているのですよね自覚していますはいはい。