2012年1月17日火曜日

リベンジ球体関節

初期に作ったモデルで「球体関節」に挑戦しておりまして。

当時は球体関節で得られるメリットより、(少なくとも自分の中で)他の拙い部分が目立ってしまい、その後忘れていたのですが、再挑戦してみています。



実際(リアル)の球体関節人形では不可能な構造を採用できるのが3Dモデルの良いところ。
体育座りがきれいに決まるのが、単純に嬉しいのです。


ミクさんtype-Lも一段落ついたので、次なるモデルを作ろうかな。


今日見て、興味深かった動画など。


柔らかでマットな感じの動画。モデルについては言うに及ばず。
舞台装置の一工夫が良い感じ。


敬愛するマシシさんは最近「カワイイ系」で邁進されています。